仁義なき戦い

【仁義なき戦い 代理戦争】ネタバレ結末!あらすじ・登場人物まで徹底解説

投稿日:

映画「仁義なき戦い 代理戦争」は、「仁義なき戦い」の3作目として、1973年に公開された実録映画です。

前作「仁義なき戦い 広島死闘篇」がシリーズの中で番外編にあたる内容であったのに対し、本作では一作目「仁義なき戦い」の路線を踏襲した、一癖も二癖もある個性豊かな登場人物たちの思惑を描いた群像劇となっています。本作「仁義なき戦い 代理戦争」では、主人公・広能昌三をはじめとする登場人物たちがそれぞれの思惑で策謀を弄するいわば政治的な側面に焦点が当てられていますが、次作「仁義なき戦い 頂上作戦」では本作で溜め込んだ鬱憤を晴らすかのように、血で血を洗う苛烈な抗争の様子が描かれることになります。

この記事では「仁義なき戦い 代理戦争」の詳細なあらすじと主要登場人物の設定について解説していきます。

「仁義なき戦い 代理戦争」あらすじを丁寧に解説

ここでは映画「仁義なき戦い 代理戦争」のあらすじを、ネタバレを含めて結末までわかりやすく解説していきます。

跡目争い

病気療養中の村岡組々長・村岡常夫に代わって村岡組の実権を掌握していた杉原文雄が広島市の商店街で白昼堂々、射殺される。殺された杉本と同様、村岡の舎弟分である打本組々長・打本昇が村岡組の跡目を継ぐものと見られていたが、打本は杉原の葬儀で弱気な態度をとり周囲の不信感を買ってしまう。

一方、山守組々長・山守義雄は村岡組の動向を探るため、呉の長老・大久保憲一の仲介のもとかつての舎弟分である広能昌三に接触し、山守組に復帰させる。

広能が明石組幹部・岩井信一と親交があることを知った打本は、村岡組の跡目を確実にするため、明石組幹部との盃の仲介を依頼する。

明石組の介入

山守に対して強い不信感を抱く広能は山守の策謀に対抗すべく、村岡組幹部・松永弘、同・武田明、同・江田省一らと共に打本を兄貴分として兄弟盃を交わすと、さらに明石組幹部・相原重雄と打本の兄弟盃を仲介し、打本の村岡組跡目としての地盤を固めていく。

また、全国侵攻を画策して西日本各地で激しい抗争を繰り広げている明石組にとっても、神和会との抗争における要衝である広島を根城とする村岡組との盃は大きな意味を持つものだった。

打本と明石組の縁組を快く思わなかった村岡は、打本と明石組の目論見に反して、打本ではなく村岡組の外部の人間である山守を跡目に指名する。さらに山守が襲名式披露宴の席で打本を罵倒したことから、両者の決裂は決定的となる。

代理戦争

以前より山守組の下部組織・浜崎組と打本組の下部組織・小森組との間で小競り合いが続いていたが、山守と打本の関係悪化に伴って抗争が激化し、村岡組と打本組の代理戦争の様相を呈していく。

山守は両者の抗争に介入して直系の舎弟分である槇原政吉に手柄を立てさせようと画策するが、打本の兄弟分である広能と村岡組幹部らが手を引いたため、計画は失敗に終わる。打本の弱腰に嫌気した広能らは打本に盃を返し、袂を分かつ。

孤立した打本は指を詰めて山守に詫びを入れると同時に、明石組の支援を求めて神戸に身を隠す。明石組との衝突を恐れた村岡組は打本組との手打ちを受け入れ、広能らも形式の上で打本と和解する。

広能の暗躍

明石組の介入によって打本組の風下にまわった山守は明石組に与する広能に対抗するべく、療養中の武田を若頭に登用する。武田は明石組に匹敵する大組織である神和会との縁組を計画して明石組への対抗を図る。

一方、出所した岩井が広能に村岡組と神和会の縁組の中止、および打本と幹部らの復縁を求める。広能の力が及ばず村岡組が神和会と五分の兄弟盃を交わすと、明石組は岡山最大暴力団である児島会と客分の盃を交わして対決の姿勢を示し、さらに村岡組幹部らと打本との復縁を強硬な姿勢で要求する。

武田ら幹部は明石組に打本との復縁を断りに出向いたが、広能が大久保親分を引き込むと、大久保の顔を立てるため不承不承ながら復縁を了承する。

抗争激化

山守は幹部らに打本との復縁を許した廉で神和会に難詰されるが、神和会との兄弟盃の媒酌人を務めた豊田会々長・豊田良平に仲裁を依頼し、広能の引退を条件に神和会と和解に至る。引退を拒否した広能が破門に処されると、広能の肩をもつ松永も山守体制となった村岡組を去る。

次いで明石組が打本に武田、江田、早川らを絶縁させると、武田は早川に打本組への襲撃を命じ、明石組(打本組)と神和会(村岡組)は血で血を洗う抗争を繰り広げていく。

抗争で命を落とした広能組々員の葬儀の最中にも襲撃は止まず、広能は襲撃により無残にも踏みにじられた遺骨を握り締めながら、若者が犠牲になっていく抗争の現状に怒りを露わにする。

「仁義なき戦い 代理戦争」登場人物

「仁義なき戦い 代理戦争」は前作から引き続き登場人物が多く、またその関係性は複雑に入り組んでいるため、一見しただけで相関図を理解することは難しいといえるでしょう。気になる方は「仁義なき戦い」を参考ください。

ここでは本作がシリーズ初登場となる重要な登場人物についてご紹介していきます。

打本昇(加藤武)

打本組々長。病気療養中の村岡組長に代わって村岡組の実権を握っていた杉原が殺害されたことを機に村岡組の跡目を狙うが、ヤクザにあるまじき腰抜けぶりを発揮して山守に跡目を奪われた挙句、明石組に助けを請うて血で血を洗う代理戦争のきっかけを作った張本人。経済ヤクザの悪い面を凝縮したような厭らしい性格で、とても上司にしたくない人物だが、明石組幹部の面前で山守に罵倒されて悔しさのあまり涙を流す姿は同情を誘う。ある意味では本作の主人公的な存在。モデルは打越会々長・打越信夫氏。

武田明(小林旭)

村岡組幹部。松永と並んで村岡組の主力を担う実力派だが、病弱であるためしばしば表舞台から退いてしまいがち。療養中だったのか前作では出番がなかったが、今作では山守体制となった村岡組の若頭に抜擢されるなど目覚しい活躍をみせている。権謀術数が渦巻く本シリーズには珍しく一本筋の通った人物であるが故に広能と対立し、抗争を激化させてしまう。モデルは岡組幹部・服部武氏。

江田省一(山城新伍)

村岡組幹部。前作では江田省三として村岡組を支えていたが、主人公・広能昌三と名前が被っているためか、本作では出所を機に省一と名を改めて登場している。イケイケの武闘派ヤクザ然とした雰囲気をまとっているが、曲者揃いの登場人物の中では常識人の部類に入る。良くも悪くも直情型であるため山守に容易に懐柔されてしまい、武田と共に半山守派の広能と激しく対立する。モデルは岡組幹部・原田昭三氏。

早川英男(室田日出男)

打本組幹部。槇原にも劣らない二枚舌の持ち主で、村岡組の跡目に山守が就くと打本を裏切って山守の傘下にくだったにもかかわらず、打本が明石組の後ろ盾を得るや否や真っ先に打本のもとへ飛び、打本組の若頭に就任するというファインプレーを見せるも、明石組の圧力であっさりと打本組を破門されてしまう。なんとも信用ならない男だが、どのような立場に置かれても一所懸命に仕事をこなす様にはどこか憎めないところがある。モデルは打越会若頭・山口英弘氏。

岩井信一(梅宮辰夫)

明石組幹部。明石組の斬り込み隊長の異名をもつ実力派。貫禄のある風貌に違わず、明石組の勢力拡大のためなら強硬な手段を厭わない。薄い(というよりほとんど無い)眉毛が特徴的。広能とは親交が深いが、あくまでも明石組幹部として一線を引いた関係に留めている。広島に君臨する山守体制を打破すべく、広能と手を組む。モデルは山口組系山健組々長・山本健一氏。

相原重雄(遠藤辰雄)

明石組幹部。打本が村岡組の跡目を継ぐことを見越し、岩井の仲介で打本と兄弟分の盃を交わすが、昔気質のヤクザであるため侠客渡世の仁義を弁えない打本の行動に嫌悪感を露わにする。山守が村岡組を引き継ぐと打本組を明石組の傘下に引き入れ、全国侵攻の足がかりとして大いに利用する。モデルは山口組幹部・安原政雄氏。

宮地輝男(山本麟一)

明石組若頭。出番は少ないにもかかわらず大組織明石組の若頭として組織を的確に指揮し、水面下で物語に大きな影響を与えている。ぶっきらぼうで言葉数も少ないが、立ち居振る舞いからいかにも有能そうな雰囲気がにじみ出ている。モデルは山口組若頭地道行雄氏。

杉原文雄(鈴木康弘)

村岡組々長代行。病気療養中の村岡に代わって村岡組の実権を握るが、広能と打本を引き連れて広島の商店街を闊歩しているところを白昼堂々襲撃され、射殺されてしまう。出番はほとんどないが、葬儀における武田や松永らの態度から人望の厚い人物であったことが窺い知れる。見た目の貫禄も充分。

「仁義なき戦い  代理戦争」ネタバレ結末

  • 「仁義なき戦い 代理戦争」は広島抗争を題材にした実録映画シリーズの3作目。
  • 「仁義なき戦い 代理戦争」ではヤクザたちの政治的な駆け引きが中心に描かれている。
  • 次作「仁義なき戦い 頂上作戦」では一転して激しいアクションシーンが多く登場する。

「仁義なき戦い 代理戦争」では「仁義なき戦い」「仁義なき戦い 広島死闘篇」に引き続き、広島で実際に起きた暴力団の抗争事件の様子が描かれています。

抗争の規模が拡大していくにつれて新たな登場人物も数多く登場し、小林旭や加藤武、丹波哲郎ら豪華キャストが個性豊かなヤクザを熱演しています。また、梅宮辰夫、渡瀬恒彦、室田日出男といった個性派俳優たちが前回とは異なる役柄で再登場を果たしている点も見逃せません。

本作では前作にも増して複雑な人間関係が描かれているため自ずと政治的な側面に焦点が当てられており、これまでの作品と比べて血腥い場面が少ない印象ですが、次作「仁義なき戦い 頂上作戦」では一転して血で血を洗う抗争の様子が描かれていますので、山守の老獪さと打本の腰抜けぶりに辟易している方は、ぜひ次作をご覧になってストレス解消にお役立てください。

-仁義なき戦い

Copyright© 任侠映画チャンネル , 2019 All Rights Reserved.