東映ヤクザ映画

【仁義の墓場】ネタバレ結末!あらすじ・登場人物まで徹底解説

更新日:

映画「仁義の墓場」は1975年に公開された実録映画です。本作は藤田五郎の同名小説が原作となっており、原作と同様に実在したヤクザである石川力夫氏の生涯がドラマチックに描かれています。

本作で描かれる石川力夫の人生は数あるヤクザ映画の中でも群を抜いて型破りかつ破滅的で、とても実在した人物をモデルにしているとは思えないほどです。違法薬物や苛烈な暴力描写を多用していることも相俟って「実録路線の極北」と称される本作ですが、一方で生々しさとロマネスクが同居する独特の世界観は高い評価を得ており、1999年のキネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」日本映画編では38位に選出されています。

ここでは「仁義の墓場」の詳細なあらすじと主要登場人物の設定について解説していきます。

あらすじ

プロローグ

幼少期からヤクザに憧れていた石川力夫は家出同然で上京し、終戦直後の新宿を根城にするテキヤ系組織である河田組々長・河田徹と親子の盃を交わす。河田組の若衆となって間もなく、石川は河田親分の悪口を言いふらしたヤクザと揉め事を起こして傷害罪で服役する。

出所後、石川は兄弟分である今井幸三郎と共に、界隈で悪逆の限りを尽くしていた三国人グループを襲撃して三国人ともども拘留されるが、刑事の計らいで今井らと共に脱獄する。脱獄後、石川は三国人との乱闘中に世話になった千恵子の許を訪れて礼金を渡そうとするが、千恵子はそれを拒否。激怒した石川は千恵子を強姦する。

神和会との抗争

新宿最大のテキヤ組織である野津組々長・野津喜三郎が衆議院選挙に立候補すると、野津の弟分である河田は野津を当選させるべく全面的なバックアップに乗り出す。

三国人グループの排除に成功して勢いに乗っていた石川は、根城である池袋から新宿に勢力を広げようとしていた親和会幹部・青木政次を襲撃し、重傷を負わせる。揉め事を避けたい河田組は神和会に手打ちを提案するが、神和会幹部・梶木昇はこれを拒否。河田組と神和会は全面抗争に突入する。

弱りきった河田が野津に相談すると、野津はアメリカ進駐軍の仲裁を提案する。アメリカ軍と取引のあった河田組はすぐさまMP(ミリタリーポリス)を動員して、神和会を排除することに成功する。

仁義への反発

河田組に多大な迷惑をかけたにもかかわらず反省の色を見せない石川は次第に疎んじられるようになる。賭場で野津に叱責されたことを逆恨みした石川は野津の愛車を爆破し、河田から激しいリンチを受ける。

逆上した石川は酔った勢いで河田を襲撃し、瀕死の重傷を負わせる。自身も重傷を負った石川は千恵子の許へ逃げ込み、一命を取り留める。

数日後に自首した石川は府中刑務所で1年6ヶ月の懲役を課される。親分を襲った石川の犯行は仁義を重んずる極道社会から強い反感を買い、河田組のみならず多くのヤクザから命を狙われる身となる。

ヘロイン中毒

服役中に河田から向こう10年間の関東所払いを言いつけられた石川は、今井の手引きで大阪に潜伏する。石川は大阪に滞在している間に肺結核を患い、そしてヘロインに溺れる。

ヘロイン中毒になった石川は重度のヘロイン中毒者である小崎勝次と共に売人を襲撃してヘロインを奪い、東京に舞い戻る。帰京した石川は一家を構えて今井組の組長となった今井の許を訪れる。今井は所払いを破った石川の身を案じて東京を離れるよう説得し、逃走資金を援助するが、石川は耳を貸さずに金の無心を繰り返す。

石川の帰京を嗅ぎつけた河田組の圧力を受けた今井は石川を説得するが、叱責されたことに逆上した石川は今井を斬りつけ瀕死の重傷を負わせる。

その1週間後、石川は養生中の今井を射殺し、潜伏先の旅館で小崎と共に逮捕される。

石川の最期

小崎と共に逮捕された石川は懲役10年を求刑されるが、千恵子が保釈金を集めたため懲役を免れる。夫婦ふたりのつましい生活が始まるが、千恵子はヘロインに溺れる石川に絶望し、自ら手首を切って自害する。

石川は千恵子の墓を建てるための資金を河田組に無心するも断られ、間もなく河田組の刺客に襲撃される。

メッタ斬りにされたにもかかわらず、石川は奇跡的に一命を取り留める。その後、石川はふたたび府中刑務所に服役するが、6年後、看守の目を盗んで屋上から飛び降り、短い人生に幕を下ろす。

刑務所の独房には「大笑い 三十年の 馬鹿騒ぎ」という辞世の句が残されていた。

登場人物

石川力夫(渡哲也)

河田組々員。本作の主人公。ヤクザ映画史上でも類を見ないヤクネタ。彼をよく知る人物によると幼少期から頭が切れ、なにをやってもズバ抜けた成績を残す秀才だったが、一方で人のいうことをまるで聞かない我の強さを持ち併せていたらしい。ヘロインに溺れてからはその凶暴性に一層の磨きがかかり、彼の身を案じる親分や兄弟分にも刃を向ける狂犬ぶりを見せる。モデルは戦後を代表する伝説的なヤクザ・石川力夫氏。

河田徹(ハナ肇)

テキヤ系組織・河田組々長。石川に殺されかけたにもかかわらず、絶縁はおろか破門にすらせず、石川の身を案じて10年の関東所払いに留めるどころか、出所して一家を興すと宣言した石川に土地を譲る約束さえする始末。非常に大きな器の持ち主だが、その寛大さ故に石川を野放しにした戦犯であると言えなくもない。モデルは和田組々長・和田薫氏。

吉岡安夫(室田日出男)

河田組幹部。寛大な河田に代わって若衆たちに鞭を振るう鬼軍曹的な立ち位置だが、河田が石川に苛烈なリンチを加えた際には、河田を宥めリンチを止めさせて若衆に石川の治療を命じるなど、優しい一面も持ち併せている。しかし石川が2000万円を要求して河田を激怒させると、河田の意を汲んで石川殺害の指揮をとった。河田組を支える屋台骨のような男。

今井幸三郎(梅宮辰夫)

今井組々長。石川とは愚連隊時代からの兄弟分。かねてから石川を高く買っており、所払いを破った石川が訪ねてきた際も逃走資金を援助するなど、自身が一家を興してからも石川の身を案じ続けていたが、逆上した石川に射殺されてしまう。河田組々長・河田徹と同じくその寛大さ故に石川をつけ上がらせ、自らの破滅を招いた。モデルは今井組々長・今井幸三郎氏。

田村卓司(山城新伍)

今井組幹部。石川らと共に三国人グループを襲撃し、今井組の創設後も今井の右腕として活躍した。決して出番は多くないが、底抜けの明るさと持ち前の剽軽な性格で陰鬱な本作にいくばくのユーモアをもたらしている。

石川千恵子(多岐川裕美)

石川力夫の妻。石川に強姦され、芸者として働かされるなど翻弄され続けていたにもかかわらず、石川が10年の懲役を言い渡された際には前借りを重ねて保釈金をかき集めるなど、妻として石川を支え続けた悲劇のヒロイン。とても重要な役柄だが台詞はほとんどないため、その胸中は容易に窺い知れない。

小崎勝次(田中邦衛)

重度のヘロイン中毒者。密売人を襲撃した縁で石川と行動を共にするようになる。台詞がほとんどないため経歴や人間性は一切不明だが、そのただならぬ存在感は周囲に強い印象を与える。

野津喜三郎(安藤昇)

野津組々長。河田徹の兄貴分。新宿最大のテキヤ組織の親分として戦後初の衆議院選挙に立候補するが、残念ながら落選してしまう。河田組が神和会と抗争を起こした際には、アメリカ軍を利用するという妙案を思いついて河田組のピンチを救った。モデルは関東尾津組々長・尾津喜之助氏。

小ネタ

伝説のヤクザ・石川力夫

本作の主人公・石川力夫はかつて存在した同名の人物をモデルとしています。極道社会の仁義に背いたヤクザ界の反逆児として伝説的な存在であった石川氏は本作の他にも、「午前零時の出獄」や「極道」シリーズ、「人斬り与太 狂犬三兄弟」などさまざまなヤクザ映画に登場する人物の造形に大きな影響を与えました。

深作欣二監督と石川力夫氏の共通点

「仁義の墓場」の監督・深作欣二と主人公のモデルである石川力夫氏には、茨城県水戸市出身という共通点があります。本作の冒頭で流れる石川力夫氏の関係者へのインタビューは、深作監督が関係者に取材をおこなった際の音声素材をそのまま使用したものであり、これはインタビューの対象である関係者の方々が水戸在住であったため、深作監督の水戸弁が混じっても問題ないだろうと判断されたためです。深作監督の肉声を使用している作品は本作が唯一となります。

リメイク版「仁義の墓場」

「仁義の墓場」が公開された27年後の2002年、「新・仁義の墓場」というタイトルで本作がリメイクされました。数々のVシネマを世に送り出した三池崇史が監督を務め、岸谷五朗が石川力夫をモデルにした主人公・石松睦夫を熱演しています。他にも石橋蓮司や山下真司、丹波哲郎、大沢樹生、有森也実といった豪華キャストをはじめ、本家「仁義の墓場」から山城新伍と曽根晴美が引き続き出演し、存在感のある演技を披露しています。

ネタバレ結末

  • 「仁義の墓場」は実在した人物の生涯を描いた実録映画
  • 当時日活のスター俳優だった渡哲也が破滅的なヤクザを演じている
  • 実録映画の中では特に人気の高い作品のひとつで、後年に「新・仁義の墓場」としてリメイクされた

「仁義の墓場」は実在した伝説的なヤクザ・石川力夫氏の生涯を描いた実録映画です。

当時日活で活躍していた渡哲也が主演の石川力夫役を演じており、梅宮辰夫、山城新伍、室田日出男、成田三樹夫、曽根晴美、郷鍈治、田中邦衛らお馴染みの東映俳優陣が脇を固めています。同じく渡哲也が主演を務める実録映画「やくざの墓場 くちなしの花」が本作の姉妹作として語られることもありますが、ストーリーやキャラクターに関連性は見出せず、まったく独立した作品であるといえます。

キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」に選出していることからも分かるように、本作はヤクザ映画の中で特に高い人気を誇る作品のひとつに数えられ、2002年には「新・仁義の墓場」というタイトルでリメイクされました。

オリジナル版とリメイク版、どちらも根強い指示を得ている人気作ですので、見比べてみるのも一興ではないでしょうか。

-東映ヤクザ映画

Copyright© 任侠映画チャンネル , 2019 All Rights Reserved.